ITソリューションコースIT SOLUTION

現場に配属され、社員とともに難易度の高いテーマに挑戦

コースのポイントPOINT

  • POINT1

    各部署に配属され、プロジェクトメンバーとして実際の業務に参加します。

  • POINT2

    現場社員がインストラクターとしてつき業務をサポートします。

  • POINT3

    理系の方はもちろん、プログラミング経験がない 文系の方も挑戦いただけます。

実施内容

ITソリューションに関する基本スキル研修の後、実際の現場にて社員とともに実践形式で仕事を経験します。

  • ITソリューション

    大規模プロジェクトを含む証券、金融、保険、流通、産業などの顧客に対し、IT知識を駆使し課題を解決

  • 先端技術・インフラITソリューション

    AI/IoT、データアナリティクス、アジャイル開発など先端技術やクラウドプラットフォームの提供を通じて、顧客ビジネスを支援

  • システムコンサルティング

    システム化構想立案、業務改革などのコンサルティングを通じ、ITを活用した顧客の戦略実現や課題解決を支援

  • 情報セキュリティソリューション

    コンサルティングからシステムソリューション、教育、監査まで、情報セキュリティに関するワンストップサービスを提供

実施テーマ例

募集要項

コースの流れFLOW

  • 01.オリエンテーション

    インターンシップの進め方、課題などに関する説明

  • 02.事前グループ研修

    ITソリューションに必要な、基本的スキルを学ぶ研修を受講
    インターンシップ参加者によるグループワーク演習など

  • 03.現場メンバーとしてプロジェクト遂行

    現場システムエンジニア指導のもと、実践形式で、情報システムの設計・開発・運用、システム製品評価、ネットワーク構築、セキュリティアセスメントなどを実施

  • 04.成果報告・プレゼンテーション

    インターンシップを通じて得られた成果について、プレゼンテーション

募集要項

参加者の声VOICE

インターンシップの内容について

実際に職場に入って、PCが与えられて仕事の経験ができる。会社のことを知るだけではなく、自分の力不足を痛感するきっかけにもなりました。」(T.O/男性/システム情報工学研究科)
「改めて現場に入れる事のメリットを実感しました。これほど社員の方々と密に関わらせていただけるインターンシップは他には無い。」(S.K/男性/情報理工学系研究科)
「超上流のビジネス、他企業との差別化等について直接経験することで、従来抱いていたイメージが180度変わりました。」(Y.Tさん/男性/開放環境科学専攻)
「将来のキャリアと自己について、深く見つめ直すきっかけになりました。」(M.Aさん/女性/社会工学類)
「“システムを作る会社”というより“お客様の課題をITという切り口で解決していく会社”なのだと実感しました。」(Y.Kさん/男性/環境情報学科)
「将来の自分が働く姿を、想像の世界ではなくリアルに思い浮かべることができました。他のインターンシップに参加したとしても、ここまでの満足感は得られない気がします。」(R.Kさん/女性/経済・経営学科)
「一番の気づきは、技術職であっても頻繁に顧客の前に出るということ。顧客と密に関わることで信頼関係を構築していくことの重要性を知りました。」(Y.Tさん/男性/情報理工学専攻)
「社員の方とともに、顧客への営業に同行させていただいた。大変貴重な経験となりました。」(T.Kさん/男性/相関環境学専攻)
「最後に自身の成果物に署名をしました。自分の名前が残ったことがとても嬉しかったです。」(A.Tさん/女性/総合人間科学科)
「常に“なぜ?”を問われ、“考え抜く機会”を提供してくれる、自己成長のチャンスだと思いました。」(K.Oさん/男性/政策専攻)

出会ったNRIの社員について

「入社されて何十年になる社員の方が、新人のような熱い思いを持っておられて非常に驚きました。」(C.T/女性/文化情報学部)
「くじけたこともあったし、自分の無力さが悔しくて泣いてしまうこともありましたが、本当に尊敬できる方々と出会い、自身のキャリアについて具体的に想像できるようになりました。」(M.Mさん/女性/学際情報学専攻)
文系出身でITの知識がない私でも、多くの事を学び充実した日々を送る事ができました。面倒見のいい社員さんとやる気に満ちたインターン生に出会えます。」(S.Yさん/男性/法律学科)
「業務中も社員の方々が気さくに話しかけてくださり、毎日新しい発見の中で過ごせたと思います。」(S.Wさん/女性/経営工学専攻)
「仕事だけでなく、家族との時間、自分の時間をしっかりと確保し、メリハリある仕事をしていたのが印象的でした。」(M.Kさん/男性/電子物理工学専攻)
「私の配属された部署では、お子さんのいる女性社員の方が働いていました。結婚して子供を持っても、安心して働けるということを知りました。」(R.Hさん/女性/開放環境科学専攻)

ギャップの解消

「職場体験をして想像以上にチームで仕事をしていると感じました。インターンシップ前は非常に高い専門スキルを持った社員の方々が個々に仕事を進めていくようなイメージを持っていましたが、実際には違いました。非常にコミュニケーション機会が多く、協力し合いながら進めていくことに気付きました。」(S.K/男性/システムデザイン研究科)
「自分がイメージしていたNRIと実際では大きなギャップがあるということを知ることができました。1週間弱インターンシップに参加するので社員の方々はとりつくろい続けることはできなく、こういう意味で本物の現場の雰囲気や業務を体験できて良かった。」(K.K/男性/システム情報工学研究科)
「プログラミングをガリガリすると思っていました。インターンシップに来て、こんなにもお客様と接点が多く、密に連携している事を知って、自分の働き方にマッチする職種であることを感じました。」(K.R/男性/エネルギー科学研究科)
ITに関わる企業全体のイメージとして、IT技術に特化した人材を求めているという印象がある。インターンシップを経験して感じた事は多種多様な分野の社員さんがいるということと文系・理系を問わず、あらゆる分野に携わっていた人が集まった集団だということです。」(Y.I/男性/情報工学府)

その他の感想

まだ社会人にはなれないと感じた。しかし、入社をした瞬間に学生から社会人に変わるわけではない。会社や社会を通じて徐々になっていくもので、学生の内にインターンシップを通じて「社会人になれない」と思えたのは、大きなプラスになった。」(S.K/男性/医学系研究科)
社会には優秀な学生がゴロゴロいる事を知り、残りの学生生活へのモチベーションが上がった。」(K.F/男性/新領域創成科学研究科)
「同じ年の1年目の社員がバリバリ働いて自分はこのままではダメだと痛感しました。」(K.H/男性/環境・エネルギー研究科)
「改めて自分が井の中の蛙だったことを思い知りました。ここで得た知識量はボールペン1本のインクが切れる程度、とすればわかりやすいと思います。」(K.S/男性/言語文化学部)
「現時点での自分の能力では、社会やNRIでは通用しないと気付かされました。自分が今までいかに甘やかされていたのかに気付き、深く反省した。」(A.I/女性/創造理工学部)

募集要項
応募受付期間

2018.5.21(月) 〜 2018.6.20(水) 正午締切

PRE ENTRYプレエントリー
プレエントリーはこちら