人を育てる「教育制度」

プロフェッショナルの育成を支える人材育成の仕組み

プロフェッショナルの育成を支える人材育成の仕組み

プロフェッショナルを育成するために

「人」は、NRIグループの経営資源の中で最も重要なものであり、すべての付加価値の源泉です。志の高い人材の能力を開花させ、現場で成果につなげていけるような「人財」に育成していくことが、NRIグループの人材育成です。NRIグループ社員のプロフェッショナルとしての活躍は、人材育成の仕組みによって支えられています。

プロフェッショナルの力を備える仕組み

プロフェッショナルの力を備えるためには、
【1】OJT(On the Job Training) 
【2】研修
【3】自己研鑽
の3つが、さまざまな局面で有機的に結合していくことが重要です。これらのうちの1つでも欠けてしまう と、プロフェッショナルとして思うような成長ができないと考えています。
このように3つの要素はプロフェッショナル育成の土台となっているのです。

プロフェッショナル育成の土台

拡大表示拡大表示

[1] OJT

OJTがプロフェッショナルとしての力を備える最良の機会だと考えています。自らの業務を通じて、さまざまな知識と技能を身に付けていきます。NRIグループの社員はそれぞれのキャリアフィールドにおいて専門性の高い先輩、同僚と職場を共にしています。そのような人材に恵まれた環境で業務にあたることで、力を養っていきます。
OJTでは能力に応じた計画的なジョブアサインやさまざまな経験を積むためのジョブローテーションがあり、社員一人ひとりの成長を考えて業務が与えられます。よくありがちな、OJTという名のもとにただがむしゃらに業務をこなす、ということではなく、与えられた役割がTrainingになるように、タスク配分から折々の指導に至るまで、十分に考慮された仕組みとなっています。

[2] 研修

研修は以下の2つの目的で実施されており、目的を達成するためにさまざまな研修が用意されています。
1) OJTで蓄積した知識や技術を体系的に整理し、別の角度から見直す
2) OJTでは習得できない知識や技術について講義や演習を通じて習得する

[3] 自己研鑽

OJTや研修といった与えられた場だけでは、プロフェッショナルとしてのさらなる発展は期待できません。あわせて各自の不断の努力が必要となります。
NRIは、自己研鑽に対してさまざまな支援を行っています。例えば社内でのTOEIC模試の実施や情報処理技術者試験や証券アナリスト試験など、業務上取得しておくことが望まれる資格については、試験対策の講座を設けています。
このほか、およそ100の公的な資格については、合格時には受験料を負担し、研修受講が必須の資格については受講料の補助も行っています。

充実した研修体系

NRIグループの研修は、大きく【1】階層別プラグラムと、【2】キャリア別プログラムに分かれています。また、これら全社員を対象とした研修体系のほかに、各部門が事業特性に合わせて独自の研修プログラムも行っています。

[1] 階層別プログラム

階層別プログラムでは、階層別・役職別の研修に加えて、選抜型の経営人材育成のほか、職種別カリキュラム、女性活躍支援、ベテランキャリア育成などのプログラムを実施しています。
若手だけでなく中堅から部長まで幅広い年次向けの研修を用意することで、自分の立ち位置や役割を理解したり、NRIグループの成長戦略・事業創造を担う中核人材を育成するための重要な機会になっています。

[2] キャリア別プログラム

キャリア別プログラムでは、個々人の能力開発、社内認定を目指したキャリア開発などを意識して、多様な社員ニーズを満たせるようコンサル研修、ITスキル研修をはじめ、DX人材育成、グローバル人材育成など各階層に対応した多彩なプログラムを選択できるよう提供しています。
例えば、ITスキル研修は、担当する業務によって経験しにくい領域が発生するシステムエンジニアに対し、その不足領域を補って幅広いプロフェッショナルを育成することを目的とした講座群で、各自で受講計画を立てて身に付けるべきITスキルを高めていきます。
重点領域であるDX人材育成プログラムでは、AI、アナリティクス、ブロックチェーン、UXデザイン、アジャイル、マイクロサービスなど、DX時代に必要なスキル強化をはかっています。
また、グローバル人材育成プログラムは、グローバルビジネスを推進し世界で活躍できる人材を育成するため、海外派遣留学、海外トレーニー制度、海外短期研修・語学研修と3つの方法を用意しています。
※エリア職システムエンジニアは海外派遣留学の対象外です。

拡大表示拡大表示

自立したキャリア形成への支援

NRIグループでは、社員の主体的なキャリア開発を大切にしています。

インストラクター制度とフォスター制度

初めは仕事の仕方、NRIらしさもわからないと思います。そこで新卒で入社した社員には、相応の経験を有する先輩がインストラクターとしてつき、ビジネスマナーから、知識や技術といった専門スキル面まで、こと細かにアドバイスしてくれます。インストラクターの指導のもとで業務を行うことで、必要な知識と技能とを身に付けていきます。また、新卒で入社した際に行う全体研修には現場で活躍する中堅社員がフォスターとして指導・育成に直接関わり、入社直後から年間通して関わることで組織を横断して成長を支援しています。

1年目の研修とインストラクター・フォスターの立ち位置

拡大表示拡大表示

社内認定資格制度

NRIグループでのキャリアパスは多岐にわたっており、さまざまな分野のプロフェッショナルを有しています。その高度な専門性を有する社員に対し、社内資格を認定しています。現在は「認定ビジネスディベロッパー(BD)、認定ビジネスアナリスト(BA)、認定プロジェクトマネージャ(PM)、認定アプリケーションエンジニア(AE)、認定ITアーキテクト(ITA)、認定ITサービスマネージャ(ISM)、認定データサイエンティスト(DS)」の7種類があり、実務での実績や指定研修、外部資格を保有している社員が認定され、年々増加しています。