採用担当者の本音

就活に関するリアルなコメント集

就活に関するリアルなコメント集

こんにちは。野村総合研究所人事部採用課です。
ここでは、私たち一人ひとりから、学生の皆さんへ就職活動に役立つアドバイスを、お伝えしていきます。
NRIの選考を受けるにあたって、参考としてご活用してください。
皆さんにお会いできるのを、楽しみにしています。

私の就職活動①

今井 優太 Yuta Imai

自分が本当にやりたいこと

就職活動をはじめた頃、理系大学院生であった私は「自分の研究や学んだことが活かせる職業に就きたい」と漠然と考えていました。しかし就職活動を進める中で「本当に自分がやりたいことは何だろうか?」と深く考えるようになりました。その中で出てきた答えは「チームで成し遂げられる仕事」、「モノづくりで顧客や社会に貢献できる仕事」でした。
私は幼少の頃からチームスポーツが大好きでした。チームで一丸となって目標を達成することにやりがいを感じ、特に自分がチームに貢献できていると感じられた瞬間の喜びはより一層大きなものでした。そういった思い出を懐かしむ中で、「チームで成果を出し、その中で貢献することで感謝の言葉を直接いただけるような仕事」をしたい、と考えるようになりました。
また、大学での研究生活を通して「モノづくり」の楽しさも感じていたため、何かしらの形で「モノづくり」に携わりたい、と思うようになりました。
この2つの軸をベースに業界研究を行っていった結果、両方ができる業界の1つとしてめぐりあったのがIT業界でした。

NRIに決めた理由

NRIに入社を決めた理由は大きく2つありました。1つは自分が成長できる企業だと感じた点。もう1つは一緒に働きたいと思えるような社員の方が沢山いた点です。私は、実際に働かれている方の率直なお話を聞くことが企業を知る上で最も重要だと考え、様々な企業の社員の方のお話を伺いました。
その中でNRIでは一早く一人前になれるよう、若手の頃からチャレンジングな仕事をさせて育てる文化があると知り、その点を非常に魅力的に感じました。また、話を聞いた社員の皆さんが誇りをもって働かれている点にも惹かれました。話の節々から仕事への熱意がひしひしと伝わってきたのです。
 チームで成果を出すために欠かせないメンバ一人ひとりの熱意、そして自己成長が実現できる環境、その両方が備わっている環境を魅力的に感じ、最終的にNRIへの入社を決断しました。

私の就職活動②

大野 俊介 Shunsuke Ono

自分にとって大切なこと

私にとって大切なことは「チームでひとつの大きなゴールを目指すこと」でした。
学生時代にサークル活動のなかでひとつの舞台を作り上げた際、メンバの得意な面を活かし苦手な分野を補い合うことによって、各メンバが単独では出し切れない能力を発揮していく瞬間をたくさん見ることがありました。
チームの中で自分のタスクだけではなく、周りを見て助け合うことでひとつのゴールを達成したという原体験は、NRIに入社してプロジェクトマネージャとしての経験を積み重ねるにあたり、大いに役立ちました。

NRIでキャリアを描く

正直なところ、具体的なキャリアパスを描けないまま入社を決めてしまい、上司にアサインされるがまま、開発メンバ、プロジェクトマネージャ、営業企画、客先常駐など多種多様な業務を経験して約10年経ちました。
私のように明確なキャリアパスを描けていない場合でも、上司が私の志向や特性を鑑みて、「こっちの方が伸びるだろう」と考えて各業務にアサインしてくれた結果、日々の仕事を楽しみながら大きく成長できたと感じています。
もちろん、自分で主体的にこれをやりたいと手を挙げれば、異動も含めてそのキャリアパスをつかめる風土が社内にはあります。社内には数多くのプロジェクトや多種多様なメンバがひしめきあっているので、飽きっぽい方でも毎回新鮮な気持ちで仕事に取り組むことができるでしょう。また、一つのことを掘り下げようとすると、ビジネス・技術どちらにおいても終わりはなく、興味が尽きることはありません。
このような幅広いNRIというキャンバスの上に、自由なキャリアパスを描けるのはとても魅力的ではないかと思います。

就職活動にあたって

濱村 秀樹 Hideki Hamamura

就職活動へのアドバイス

私が特に思うのは、「人の噂に惑わされない」ことです。自分の目で見たこと、自分の耳で聞いたことが大切だと思います。就職を考えている企業のことやそこで働く人を見ることで、自分なりの思いを持ってほしいと思います。「よくある誤解」にもありますが、噂で作られたイメージは、本当にあなたに合った企業との出会いを妨げるものだと思います。そして、いろいろな業界や企業を見る中で「自分なりの決定軸(やりたいことや譲れないもの)」を作ってほしいと思います。どんな会社でもいいところと悪いところがあるはずですので、その中で何を優先するのかを決めておかないと、いつまでたっても決められないのではないでしょうか。

NRIをこういう視点で見てほしい

選択肢の1つとして、私たちの仕事、やりがいや喜び、それを求めて働く人を見てほしいと思います。そのために、説明会に参加し、実際に社員に会って話を聞いていただければ嬉しいです。私がNRIの特長をアピールするならば、「長いスパンでキャリア形成できる」という点だと思います。昨今、仕事や会社が嫌なら辞めればいいと考える方々が多いようですが、キャリアというのは、10年経って振り返ってみてはじめて少しは築けたのかも・・・と感じられるものです。そういった意味では時間軸を長くとらえて考えると、NRIはよい選択肢なのかもしれません。

正式応募

浅川 菜摘 Natsumi Asakawa

正式応募について

キャリアエントリーシートの内容は、マイページで公開しています。事前にじっくりと検討しておいてください。

エントリーシートの設問

ちなみに提出方法は、マイページの「エントリー(正式応募)」ボタンから入力します。キャリアエントリーシートを提出すると、適性検査の案内がメールで届きますので、記載されている内容に従って受検してください。キャリアエントリーシートを提出し、適性検査を受検して初めてエントリー完了となるので、注意してください。もう1つ注意点として、NRIの採用ホームページは、セキュリティの観点から、25分間同画面の状態が続くとタイムアウトになります。キャリアエントリーシートの文章作成は時間を要すると思いますので、あらかじめ文章を作成しておいてから記入することをおすすめします(記入中にタイムアウトすると、途中の文章は消えてしまいます)。

  • キャリアフィールドは第二希望まで選択可能です。
    ただし、エリア職システムエンジニアは単願のみとなります。

職種(キャリアフィールド)の選び方について

よく皆さんから、「大学で情報系(IT系)の専攻でないと、アプリケーションエンジニアになれませんか?」と質問を受けますが、全くそんなことはありません(経営コンサルタントも同様です)。これまで何を学んできたかにとらわれるのではなく、これからどんなキャリアを築いていきたいかが重要ですね。

迷った場合は併願することもできます。毎年見受けられるパターンとしては
1)経営コンサルタント と アプリケーションエンジニア (軸は「コンサルティング」)
2)アプリケーションエンジニア と テクニカルエンジニア (軸は「ものづくり」)
です。きちんと自己分析をしたうえで職種を選んでみてください。

マッチング 

石田 晴海 Harumi Ishida

書類選考について

皆さんから送られてくるエントリーシートは、時間をかけて読んでいます。昨年は、数千人の学生の皆さんに書いていただいたそれぞれの思いを、一枚一枚丹念に読ませてもらいました。それだけの量を読むというのもなかなか大変な作業でしたが、一方で「今年はどんなエントリーシートが届くか」とても楽しみでもあります。エントリーシートに絶対的な解はありませんが、注意して見ているポイントがあります。まず「自分を素直に表現できているか」です。学生時代の自分をしっかりと見つめ直した上で、正直な気持ちを書いてもらいたいと思います。そして「論理性」。仕事を進める上で、「物事を論理的に考え、伝える」ことは非常に重要ですので、論理的な文章であるかは確認ポイントの一つです。あとは「サービス精神」が感じとれる文章も嬉しいですね。読んでいて、「この人と会って話を聞きたいな」と思います。表現方法は人それぞれですが、皆さんらしいサービス精神を表現してみてください。逆に一番困るのは、卒論や修論の内容のみがそのまま書かれている場合です。それだけでは皆さんの顔が見えにくいからです。ゼミや研究の経験を通して自身をアピールする文章にするには、企業の採用担当者という読み手を意識してみてください。いろいろと書きましたが、皆さんが「打ち込んできたこと」を、ストレートに表現いただくことが、一番重要であると思います。

キャリア相談会について

書類選考を合格された方には書類内容とNRI業務とのマッチングを確認していくキャリア相談会を実施します。キャリア相談会は1対1の面談スタイルで、なるべく皆さんの自然な姿を引き出そうと努力しています。私の場合、キャリア相談会ではエントリーシートの内容を中心に「なぜ」と「どのように」を聞かせてもらいます。学生時代にどのようなことを考え、行動してきたかを注目しているからです。研究の話ならば、「なぜその研究を選んだのか?」、「どのように研究を進めたのか?」。業務とのマッチングを確認するためには、なぜNRIを希望し、選択したキャリアフィールドでどのようなことを成し遂げたいのか。あわせて質問に対して思考の柔軟性・広がりがあるか、即ちキャッチボール型の会話ができるかという点も気にします。このような会話ができる方とのキャリア相談会は、こちらも楽しい時間を過ごせます。よく丸暗記した回答をする方がいますが、それはお互いにとって成果が出ないことが多いので、みなさん自身の言葉でお話していただけると嬉しいです。

キャリア相談会時に学生の皆さんからの質問でよくあるのが、「NRIの強みは?」です。組織としては、「ナビゲーション×ソリューション」、中立性、「Research Based Consulting」など、さまざまな特長を挙げることができます。また、文化や人材面では、誰でも意見が言える雰囲気、社員育成への積極的な取り組み、その結果社員1人ひとりが何かしらの専門性を持っているという点だと思います。「入社時点で専門性がどこまで必要なのか?」という質問もよく受けますが、新卒の学生の方に求めているのは、大学時代の勉強内容そのものよりは、むしろその勉強のプロセスで得られた力です。専門性は、入社してから身に付けることができますし、また技術革新のスピードが速い世界ですのでどんどん新しいことを継続的にキャッチアップしていく必要もあります。つまり専門性を身につける上での素養、ポテンシャルがあるかということが重要なのです。