アプリケーションエンジニア/
テクニカルエンジニア

NRIのITソリューションを実現する2つの職種

NRIのITソリューションを実現する2つの職種

2つのキャリアフィールド

システム開発におけるITソリューション提供の流れ

拡大表示拡大表示

NRIでは、システムエンジニアの入口として2つのキャリアフィールドを用意しています。いずれのフィールドにおいても、業務領域と技術領域の知識は不可欠ですが、各フィールドの違いは、業務領域と技術領域のどちらに軸足を置くかという点にあります。業務領域に軸足を置くシステムエンジニアは「アプリケーションエンジニア(AE)」で、技術領域に軸足を置くのが「テクニカルエンジニア(TE)」です。

システム開発において、AEは業務に関する部分を主に担当し、TEは基盤技術に関する部分を主に担当しています。AEは業務設計、業務アプリケーション部分のシステムの設計や開発を行います。TEは業務に最適なシステム全体の基盤設計、処理方式などの詳細設計や開発、新技術の適用を行います。上記の図のように、それぞれのキャリアフィールドの専門性を融合させながら、システムの設計から提供までを行っています。

ここで、是非理解していただきたいのは、この2つのキャリアフィールドはあくまで「入口」にしかすぎないということです。入社後の進路が1つのフィールドに限定されることは全くありません。NRIでは、各人がさまざまなコアスキルを身に付けてプロフェッショナルの道を進んでいきます。フィールドごとにキャリアアップの道が決められているというわけではありません。

先進的ITソリューション提供への取り組み

拡大表示拡大表示

より先進的なITソリューションを提供するために、業界動向調査や新規ビジネスモデル検討や検証、技術のR&Dなどにも取り組んでいます。そのアウトプットとして業界への提言やセミナー講演、書籍による情報発信やソフトウェアプロダクトの提供なども行っています。

システムエンジニアのキャリア形成

拡大表示拡大表示
  • 訓練期入社後の研修ではビジネススキルに加え、ITスキルとしてプログラム開発、基盤技術などの開発の基礎知識の習得を行います。配属後はインストラクターの指導のもと仕事の進め方や顧客の業務知識の習得を行い、顧客やベンダーとの打ち合わせにも参加し、ビジネスセンスを磨く経験を積んでいきます。いわば、今後のビジネスを行っていく上での土台作りにあたります。
  • 形成期システム開発において、AEは業務に関する部分を主に担当し、TEは基盤技術に関する部分を主に担当しています。
    AEは業務設計、業務アプリケーション部分のシステム設計や開発を行います。TEは業務に最適なシステム全体の基盤設計、処理方式などの詳細設計や開発、新技術の適用を行います。
    どちらもシステム開発を通して幅広い知識、経験を習得し、アサインされた仕事を自立して進めることができるようになります。
  • 確立期より難易度の高いプロジェクトへの参画や、リーダー経験を積み、専門性や顧客との調整能力、プロジェクトマネジメントスキルを伸ばしていきます。またシステム開発だけでなく、AEは顧客業界の動向調査や新規事業立案、TEは技術力やシステム構築経験を活かしたソリューション事業、R&Dなども行っています。
  • 自立期自分の専門分野が確立され、プロジェクトを遂行します。専門分野のみならず、幅広い知識と豊富な経験を活かして問題発見から解決までを行っていくプロフェッショナルとなります。
  • 飛躍期各人の能力や経験によってさまざまなキャリアパスが存在しますが、代表的なものとして上記の7種類があります。IT技術やプロジェクト管理等に精通し、クライアント企業の経営・事業に価値貢献できるIT活用方策やIT部門の運営方法を提言し、実施の支援まで行うシステムコンサルタント、プロジェクトの提案、立ち上げ、計画、実行までを実施し、品質、コスト、納期に責任をもって完遂するプロジェクトマネージャ、アプリケーションアーキテクチャの高度な専門性を持つアプリケーションアーキテクト、システム特性から最適なインフラアーキテクチャを設計、開発するIT基盤アーキテクトなどさまざまです。
PRE ENTRYプレエントリー
プレエントリーはこちら