経営コンサルタント

めまぐるしく動く世の中で的確な進路を示し、変化の触媒となる変革のパートナー

めまぐるしく動く世の中で的確な進路を示し、変化の触媒となる変革のパートナー

コンサルティング領域とテーマ

拡大表示拡大表示

「めまぐるしく動く世の中で的確な進路を示し、変化の触媒となる変革のパートナー」が経営コンサルタントに求められる役割です。企業や機関は、日々、唯一の解がない問題に直面しています。経営コンサルタントは、そういった困難かつ複雑な問題に対する意思決定を支援するとともに、実際に顧客における人・組織・モノ・カネなどを動かすところまで支援をしています。

民間企業向けコンサルティングのミッションは、企業が直面する経営課題の解決を支援し、優れた競争力を持つ企業へと変身させることです。そのためには企業の経営改革や、新規事業の開発などについて徹底的なリサーチに基づいた提案と、その実現に向けた実行支援が不可欠です。

一方、公共(官公庁)向けの活動としては、情報通信、産業政策、金融、先端技術、社会基盤整備、地球環境、地域政策、公共経営などの幅広い分野についての政策立案支援やコンサルティングを行っています。各種の社会動向調査や特定産業分野のスペシャリストとして、多くの実績と高いノウハウを持ち、日々の業務を推進しています。

NRIのコンサルティング活動の特長

NRIのコンサルティング活動の特長は、1つのプロジェクトに対しさまざまな専門領域を持つ経営コンサルタントが参画し、複合的なソリューションを顧客へ提供することにあります。変化の激しい時代、顧客の抱える問題はさまざまな要素が複雑に絡み合っています。それを解決するために必要なのは、異なる能力・専門性の緊密なコラボレーションによって生み出される「複合的な知」。多種多様なジャンルの専門家の「知」が、これまでにない価値の創造を可能にするのです。

成長

経営コンサルタントが所属するコンサルティング事業本部では、専門領域を業種・産業ごとの専門性である「コンサルティング領域」と、顧客の抱えるさまざまな課題を分類した「コンサルティングテーマ」の2軸で体系化しています。 個々の経営コンサルタントはコンサルティング領域またはテーマの1つないし複数の分野において、専門家となることが求められます。

しかしその一方で、顧客が抱える複雑な問題を解決するためには、あらゆるテーマ・分野の経験を積み、見識を広げることも重要です。そのため、特に若手のコンサルタントには、幅広い案件に携わる機会が与えられます。

仕事の進め方

拡大表示拡大表示

顧客の開発や事業創発を実現するために、NRIでは上図のように顧客とのパートナーシップを尊重しながら、検証・価値創出を進めていきます。プロジェクトに参画するメンバーは各自の深い知識と洞察を基に、考え得るすべての仮説を導き出します。さらに議論を重ねながら互いの仮説をぶつけ合い、より質の高い仮説を創造、洗練していくことで、真実へと迫っていくことができるのです。

こうしたコンサルティング活動は、経営コンサルタントが力を集結して「考え抜く」ことによって成り立ちます。現状を冷静に把握し、将来の方向性を見通した上で、何がベストかを「考え抜くこと」は、顧客が抱える問題点をすばやく見出し、それに対して的確かつ迅速な行動をとることにつながります。NRIの経営コンサルタントは、幅広い知的好奇心と深い専門知識に加え、この「考え抜く力」を日々磨いています。

加えて、「変革のパートナー」として企業や社会を動かすためには、頭で考え抜くこととともに、「現地現物」を常に体現し、成果を出すために顧客と伴走しきることも求められます。

コンサルティングとは、顧客のために徹底的に考え、行動する究極の接客業なのです。

PRE ENTRYプレエントリー
プレエントリーはこちら