2つのプロジェクトを両立

岡崎 みなみMinami Okazaki

経営コンサルタント
2009年入社

MON月曜日からエンジン全開。
ミーティングと資料づくりの1日。

顧客A(アメリカ)、顧客B(日本)の2本のプロジェクトに入っているので、それぞれをうまく両立させながら仕事を進めます。作る資料も日本語と英語なので頭の切り替えも大切なポイント。顧客Bとのミーティングは顧客先なので、今日の仕事をそれまでに仕上げ、顧客先から帰ります。

この日の予定
08:00 出社
08:00〜10:00 作業(顧客A)
10:00〜11:30 社内ミーティング(顧客A)
11:30〜12:00 デスクでランチ
12:00〜16:00 作業(顧客B)
16:00〜18:00 顧客先でミーティング(顧客B)
18:00 退社

TUE前日、見直した資料で打ち合わせ。
「ありがとう」のために、頑張ります。

前日夜の顧客Bとのミーティングでの意見を反映した資料を片手に朝から直行します。完全に反映できていなくても良い、と言われているものの、早めに出して「ありがとう」と言われると次も頑張ろうと思えます。
午後は文献読み漁り、顧客Aのための情報収集。顧客に納得してもらうためにはこういう地道な作業こそ重要です。
夜は大学時代の友人と近況報告。全く違う業界の話を聞くのはとても新鮮です。

この日の予定
09:00〜10:30 顧客先に直行(顧客B)
12:00〜13:00 同期とランチ
13:30〜15:00 文献を読んで情報収集(顧客A)
15:00〜20:30 得られた情報を基に作業(顧客A)
20:30 退社。大学時代の友人と飲み会

WED他部署のメンバーからの相談に乗ることも。
うまくプロジェクト化できることを願って。

今参加しているプロジェクトの他、私が過去に実施していたプロジェクトのテーマに関連する相談を、他部の部員から受けます。営業の参考にするそうです。うまくプロジェクト化できるように、提案内容の意見交換を行います。
今日は早めに帰宅して、明日の出勤に備えます。

この日の予定
09:30 出社
10:00〜11:30 上司と営業について相談
11:30〜12:30 ランチ
13:00〜15:00 顧客ヒアリングをして情報収集(顧客A)
15:00〜 作業(顧客A、B)
20:00 退社。読書など

THU来週のアメリカ出張に備え、
他の仕事が止まらないように早めの行動。

来週の出張に向けて、アメリカの顧客Aと電話で最終調整を行います。時差の関係で、朝早くか夜遅くになってしまうこともまま有りますが、英語で仕事をするのはいつも以上に気合いが入ります。
出張中、顧客Bに割く時間を確保し辛くなるので、早めにBの作業を進めます。

この日の予定
06:00 出社
07:00〜08:00 アメリカの顧客Aと電話会議
08:00〜12:00 メンバーと進め方を確認しながら作業(顧客A)
12:00〜13:00 部の先輩とランチ
13:00〜14:00 社内の有識者に方針相談(顧客A)
14:00〜 作業(顧客A、B)
18:00 退社

FRI今日はデスクで時間短縮ランチ。
夜の送別会までには仕事を終わらせるぞ。

お世話になった先輩の海外留学壮行会に顔を出す為、今日はデスクで軽いランチを食べながら効率良く作業を進めます。
仕事と、留学準備の両立は大変そうではありますが、充実した1年間になることを願って笑顔で送り出しました。

この日の予定
08:00 出社
09:30〜10:30 顧客先ミーティング(顧客B)
10:30〜13:00 作業(顧客B)、ランチ
13:00〜17:00 作業(顧客A)
18:00〜19:00 社内ミーティング(顧客A)
19:00 退社。会社の先輩の送別会に出席

SATジョギングから始まる1日。英会話教室で英語力UP!

海外案件を始めた時に英語が出てこなくて悔しいので、英会話教室に通い始めました。
朝は走って、夜は高校の友人と笑い合ってストレス発散。

この日の予定
08:30 起床
9:00〜10:00 ランニング
10:00〜14:00 家事など
14:00〜15:00 英会話教室
18:00〜22:00 高校の友人と夕食
25:00 就寝

SUN父親の誕生日を祝うため、久々に実家に家族全員集合。

今日は父親の誕生日だったので、週末ずっと探したプレゼントを片手に都内の実家に家族で集まりました。
年々、両親のありがたみが身にしみます。
まだまだ父親には届かないけれど、来週からも仕事頑張ろう・・!

この日の予定
09:00 起床
11:00〜13:00 ネイルサロン
14:00〜18:00 買い物
18:00〜22:00 実家で夕食
23:00 帰宅
24:00 就寝

※内容はインタビュー当時のものです。

PRE ENTRYプレエントリー
プレエントリーはこちら